[栽培計画]

2019年春の作付けレイアウト3

2019年春の作付けレイアウト2

2019年春の作付けレイアウト1

水戸に来てから2年目、少しは収穫ができるようになったので

今年は、少し規模を大きくする予定。

 

[エキゾチックアニマル用の栽培計画]

ようこそ(☆ハッゝω・ピ)(ブー*・ω・*ベェ)(ポー・ω・`ル♪)へ!

2019年春頃より少しずつゆっくり始動。

 

農園では、化学的に合成された除草剤・殺虫剤をほぼ使用していません。

(種を蒔く前の土作りの際に、土中菌などを処理する目的で少量の農薬を使用します。)

 

手作業でこまめに雑草を抜き。すぐにコロニーを作るアブラムシには、風通しを良くする+発見するたびに叩き落とす+テントウムシの活躍に声援を送る、などの対策をしています。ですが、残念ながら隅々まで管理が行き届かず、雑草や虫の混入を防ぎきることができていません。

 

エキゾチックアニマルさんたちに喜んで食べてもらえるように…健康維持に役立つように…

また、飼い主さんが安心して与えられるように…ペットさんと仲良しになれますように…

さまざまな願いを込めながら育てています。

 

そうやって栽培した生牧草や、時々お野菜セットなどを販売いたします。

 

 

もしよろしければ、ご意見ご要望ご提案などお聞かせいただけましたら幸いです♪

さて。どんな種類を育てましょうか…?

  • イネ科:チモシー(和名オオアワガエリ)、緑葉(品種エンバク、ライムギ、ソルガムetc.)、オーチャードグラス(和名カモガヤ。品種ナツミドリ、バッカス、アキミドリ)、ケンタッキーブルーグラス(和名ナガハグサ。品種バミューダグラス、西洋芝)、エノコログサ、メヒシバ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウ、クマザサ、タケ、トウモロコシ(ヤングコーン)、
  • マメ科:クローバー(赤、白)、レンゲソウ、クズ、
  • ナデシコ科:ハコベ、
  • オオバコ科:オオバコ、
  • キク科:ハハコグサ、タンポポ、シュンギク、サンチュ、レタス、
  • シソ科:アオジソ、アカジソ、バジル、レモンバーム、ミント、セージ、ローズマリー、
  • セリ科:ニンジンの葉、パセリ、ミツバ、
  • アブラナ科:キャベツの外葉、ブロッコリーの葉、

そして。どんな風に出荷しましょうか…?

生草のまま?または軽く天日乾燥させて? 

そのまま?真空パック?

 

2018年ごろ想定していた大まかな雰囲気

 ・生牧草100gあたり150円程度(200gずつ真空パック×3袋)

 ・+税

 ・+送料(60サイズ、通常宅急便。)

→→→税込み送料込みで1,000円~1,500円でイイんじゃないかな♪

 

 

しかし現実は意外にシビアだった

送料込み1,500円で設定すると…

 ・生牧草600g程度 0円(真空パック案は除外…)

 ・60サイズ梱包資材 約75円

 ・クール便配送料 973円~1,405円(地域によってだいぶ変動する。クロネコメンバーズで直営店へ持ち込む際の金額)

 ・ネットショップサイトへの手数料 139円(決済手数料94円+事務手数料45円)

→→→313円黒字~119円赤字

 

 

でもまあ、これなら許容範囲内。

ペットさんと飼い主さんが笑顔になってくれれば、それが本望なので♪

(ちなみに、佐川さんのクール便やチルドゆうパックも調べましたが。持ち込みしやすさを考えると、ヤマトさんが抜きん出ていました)

検討の結果…

商品の引渡時期

配送のご依頼を受けた前日~翌日に収穫したものを、予冷し、速やかにクール便にて発送いたします。

 

ただし、天候状況によっては収穫作業ができず、日数がかかる場合もあることをご了承ください。

出来る限り努力して、遅くとも5日以内の発送を心がけます。

 

 

返品について

大変申し訳ございませんが、基本的には返品には応じません。

 

自然のものですので収穫時期によって生育状況は異なります。

「かたい・やわらかい・食いつきが悪い」などご期待に添えない品質であったり、雑草や虫などの混入があることをご承知置きの上、ご購入ください。

 

 

 

もしよろしければ、ご意見ご要望ご提案などお聞かせいただけましたら幸いです。


 

【2019年:簡単な作業メモ】

  • 3月10日(日):農園をトラクターで耕してもらいました
  • 3月15日(金):BASEにショップ『ハッピブーべぇポール』開設

    https://hapibubepo.base.shop/

  • 3月15日(金):Twitterアカウント『ハッピブーべぇポール』開設
    https://twitter.com/hapibubepo

  • 3月16日(土):耕運機で区画分けしてもらいました(12分割)
  • 3月25日(月):育苗用トレイに種蒔き。ライ太郎(らい麦)、ニューオーツとネグサレタイジ(えん麦)、マルチムギ(小麦)、チモシー。ホワイトクローバー、クリムソンクローバー。寒さと乾燥に負けずにスクスク育ってほしい
  • 4月9日(火):腰を痛め…4月10日(水)「腰椎捻挫(いわゆるギックリ腰)」との診断…
  • 4月18日(木):腰に鈍痛を残したまま、育苗用トレイから畑へ移植作業:ライ太郎(らい麦)、ニューオーツとネグサレタイジ(えん麦)、マルチムギ(小麦)。予定の半分程度終えたところで、本日の作業は終了
  • 5月23日(木):乾燥しやすい土地。雨・水不足。目まぐるしい冷温・高温。不安定な天候。…思うように成長しない生牧草たちに心が痛む。種を直にバラマキして密集させれば成長しやすかったのかな。でも密集させるとアブラムシだらけになっちゃうし。殺虫剤不使用で栽培したいからねぇ…
  • 5月27日(月):一番背高ノッポのライ太郎(らい麦)を、ま伸びしちゃったものを中心に収穫。計量したら470gでした
  • 5月28日(火):昨日と本日収穫したライ太郎(らい麦)は育ち過ぎているので天日干し。ニューオーツとネグサレタイジ(えん麦)は良い感じ♪ 待ち望んだ雨予報が出たのでチモシーとクリムソンクローバーを畑へ移植
  • 6月6日(木):ゆっくりと販売開始。ニューオーツとネグサレタイジから…
  • 6月16日(日):牧草畑の整理
  • 6月18日(火):耕運機で少し整地
  • 6月19日(水):リトルソルゴー(ソルガム)を筋蒔き。マルチムギ(小麦)を収穫するも、モルモット達には不評…なのでこれの販売は断念